デトックス/ビタミン・ミネラル 『生き力』

トップ デトックスのために/水銀・鉛・アルミニウムの数値がわかる有害金属検査
デトックスのために/水銀・鉛・アルミニウムの数値がわかる有害金属検査






以下、わかりやすい「有害金属」
の動画説明をご覧ください。










以下、「有害金属」と「病気・症状」
の表をご覧ください


水銀
病気・症状
 肝臓腎臓(じんぞう)障害中枢(ちゅうすう) 神経障害アルツハイマー視力低下アトピー性皮膚炎にきび不妊うつ病偏頭痛情緒不安定歯茎の炎症 脱力感肥満水俣病 など
 ※「腎臓」は、血液から尿を作る器官、です。
 ※「水俣病」は、中枢神経が侵され、手足のしびれ、言語障害、目や耳の機能喪失、重症では死亡する病気、です。
主な摂取源
 水銀は、食品経由の摂取の約75%を魚介類に由来し、それらを多く摂取する日本人では高い傾向にあります。
 また、歯の治療で使用するアマルガム〔銀色の詰め物〕を構成する金属水銀からの摂取も多くなっています。
 他にも、化粧品、農薬、予防接種、汚染された飲料水、防カビ剤 などからの摂取が考えられます。

鉛(なまり)
病気・症状
 (がん)、脳腫瘍脊髄(せきずい)腫瘍脳神経障害勃起機能不全〔インポテンス〕、不妊免疫機能低下動脈硬化貧血めまい情緒不安定興奮 など
主な摂取源
 鉛は、酵素(こうそ)の働きを妨げ、造血機能を阻害します。
 鉛は、子供の脳の発達に影響を及ぼすことは広く知られています。
 汚染された魚介類、残留農薬、たばこ、鉛管の水道水、排気ガスなどから摂取されます。
 また、ハンダ付け、ガラス製造、塗料、自動車バッテリー、など、工業的な用途が広く、それらの工場に携わる人たちは、数値が高くなりがちです 。

 ※「酵素」は、生物の細胞内で作られ、生体内で行われるほとんどすべての科学反応の触媒(しょくばい)となる物質、です。

カドミウム
病気・症状
 肝臓腎臓障害骨粗鬆(しょう)高血圧骨の変形関節の痛み嗅覚(きゅうかく)の喪失鼻水嘔吐(おうと)、腹痛発熱むくみイタイイタイ病 など
 ※「イタイイタイ病」は、骨が侵され、多発骨折し、激しい痛みの末、死に到る病気、です。
主な摂取源
 カドミウムは、石油や石炭の燃焼による排出が一般的です。
 喫煙者のカドミウム濃度が非喫煙者の2倍であったとの報告も あり、受動喫煙も問題です。
 プラスチック製品の安定剤、メッキ、塗料、顔料、写真の乳剤、電池の触媒にも使われています。

砒素(ひそ)
病気・症状
 皮膚癌肺癌泌尿器(ひにょうき)系癌皮膚障害胃腸障害嘔吐手足のしびれ皮膚炎肌荒れシミ疲労倦怠感(けんたいかん)、めまい脱力感体重の減少 など
主な摂取源
 砒素は、残留農薬、汚染された飲料水や魚類、殺虫剤、防腐剤、除草剤、産業廃棄物からの摂取が考えられます。

ベリリウム
病気・症状
 肺癌DNAの複製阻害関節炎皮膚炎発疹のど荒れ など
主な摂取源
 ベリリウムは、平成11年に改正された「大気汚染防止法」において、低濃度でも長期的にさらされることで、健康障害が生じる 恐れのある有害大気汚染物質として指定されました。
 南九州・中国・中部地方は、高い傾向にあります。
 大気汚染以外にも、電子部品や 原子炉材料などに使われているため、関連産業に携わる人々は注意が必要です。

アルミニウム
病気・症状
 精神障害アルツハイマー痴呆(ちほう)言語障害吐き気下痢腹痛脱力感 など
主な摂取源
 アルミニウムは、軽量で加工しやすいため幅広い分野で利用されています。 アルミ缶、アルミホイル、食品包装などに利用されています。
 アルミニウムが使用されている食品添加物〔膨張剤・着色料など〕、調理器具、保存容器から摂取する機会が多いと考えられています。
 中でも着色料としては、かき氷のシロップ、飴などのお菓子、アイス、清涼飲料水、洋酒、かまぼこ、なると、ソーセージ、ハム、福神漬け、紅生姜(べにしょうが)、桜えび、つくだ煮、練りウニ、などにも使われています。

【注意】
以上は、研究され、よく知られている範囲の一例です。
さらに詳しくは、各「金属名」と「病気」で 検索してください。










有害金属検査

販売価格 10,500円





毛髪検査のステップについて




Step1 毛髪検査キットをご請求ください

こちらのページで、ご希望の個数(検査をご希望の人数)で、ご注文を完了ください。

検査キット一式をお送りいたします。

到着後、以下のステップにお進みください。
(到着日から1ヶ月以内にご返送お願いいたします。)




Step2 髪の毛を採取する

髪の毛を頭皮に近い部分からひとつまみ(3cm程度)を3・4回ほど切り、パンフレットに同封の検体袋(髪の毛の採取袋)に入れてください。

         

毛髪の切り方の用紙のダウンロードはこちら

■毛髪採取量 → 0.1グラム 目安量については、検査キット送付の際に参考資料を同封致します。
■髪の毛の量が不足すると充分な数値を得ることができません。再度お送りいただくことがございます。
パーマ、カラーリングをなさっている方でもお受けいただけます。




Step3 毛髪の送付

検体袋、質問票にそれぞれ必要事項をご記入の上、返送用封筒でお送りください。




Step4 約2週間後、検査結果お届け

■アドバイスを参考に、必須ミネラルの補給と有害ミネラルの排泄を心掛けましょう。
■運輸送の状況により、若干遅れる場合があります。


毛髪検査により以下の5種類の検査結果表とミネラルガイドをご提供いたします。


1.毛髪ミネラル検査結果のまとめ

毛髪ミネラル検査結果のまとめ

毛髪ミネラル検査結果のまとめでは、以下のものが表示されます。

ー腓兵覚症状

⇒害ミネラルレベル

ミネラルバランスの崩れから考えられる症状

い△覆燭防要なミネラル


2.毛髪ミネラル検査表

毛髪ミネラル検査表

毛髪ミネラル検査表では、あなたの測定数値の結果がご覧いただけます。

複数回受検の場合は、測定結果履歴がグラフ化され、検査結果の変化度合も表示されます。

測定結果:

。脅鑪爐陵害ミネラル

■玄鑪爐良須ミネラル

12種類の必須性が想定されるミネラル


3.検査結果からのアドバイス

検査結果からのアドバイス

毛髪ミネラル検査の結果から、あなたの体内に蓄積していると想定される有害ミネラル、あなたのミネラルバランスの崩れから考えられる症状についてコメントします。


4.栄養素アドバイス表

栄養素アドバイス表

栄養素アドバイス表は、検査結果の総合バランスから見た必要なビタミン・ミネラルおよび1日の所要量です。献立アドバイスを参考に摂取を心がけましょう。

栄養素アドバイス表では、以下のものが表示されます。

〕害ミネラルの排出を促す栄養素

△△覆燭摂取すべきミネラル

ミネラルの吸収を助けるビタミン


5.献立アドバイス表

献立アドバイス表

献立アドバイス表は、検査結果のバランスからみた、必要なビタミン・ミネラルを含む食品で構成されています。その他、補給したいミネラルを含む食品については、ミネラルガイドをご参照いただきます。


6.ミネラルガイド

献立アドバイス表

ミネラルの概要と各ミネラルに関する情報をまとめた小冊子。各ミネラルを多く含む食品も掲載しております。




Step5 無料カウンセリング

結果表の見方や栄養アドバイス・サプリメントの選択方法等、専門のカウンセラーがメールにてアドバイスいたします。

お問い合わせは こちら まで。




毛髪検査 分析のプロセス


ステップ1


検体を電子天秤で正確に測定致します。

ステップ2


洗浄を行い、毛髪(被毛)についた付着物を落とします。

ステップ3


毛髪(被毛)を溶かして液体にします。

ステップ4


液体になった毛髪(被毛)です。人によって色素が違うので液体の色は検体によって異なっています。

ステップ5


質量分析器(ICP-MS)にて検体の測定を行います。検出の精度は、25メートルプールにたまった水中のゴマを検出できるくらい高精度なものです。

ステップ6


ひとつずつの検体を抽出し、分析を行っていきます。

ステップ7


抽出された検体の液体のそれぞれのミネラルの質量を測定し、日本人の基準値(性別、年代別、その他)と比較・判定した結果表をお客様にお送りします。







有害金属検査

販売価格 10,500円



|商品一覧
デトックスのために/水銀・鉛・アルミニウムの数値がわかる有害金属検査
ビタミン、ミネラル/オーダーサプリメント/30日分(約1ヶ月分)
ビタミン、ミネラル/オーダーサプリメント/90日分(約3ヶ月分)

|知識一覧
デトックス(有害金属排出)関連の情報
薬を使わない優良病院の紹介